夢のUS Openジュニアに挑戦!!-第41回全国選抜高校テニス大会

夢のUS Openジュニアに挑戦!!

夢のUS Openジュニアに挑戦!!【全国選抜高校テニス大会】(第1弾)

 

3月の博多の森テニスコートで「第40回全国選抜高校テニス大会」個人戦の頂点に立ち、大会スペシャルパートナーのウイルソンから贈呈された、夢のチケット!「US Openジュニアの予選ワイルドカード」を手にした男子個人戦優勝:白石 光 選手(秀明八千代高等学校)と女子個人戦優勝:吉岡 希紗 選手(四日市商業高等学校)。

US Openに挑戦する為、間も無くニューヨークへ飛び立つ二人に、全国選抜大会での勝因から、USオープン挑戦に向けての心境を聞いた。(3回連載)

 

<第一弾インタビュー>
☆男子個人戦優勝: 秀明八千代高等学校 白石 光選手

(質問)まずは、全国選抜高校テニス大会での勝因について伺いたいと思います。
    一番印象に残っている試合は?

(白石)2回戦の(湘南工科大学付属高校)松田選手との試合です。
    何回も対戦経験があるので、いつも通り責め急がないで、
    丁寧なテニスをしようと挑んだ。
    しかし、逆に相手選手に、同様のテニスをされ 3-6まで追い込まれてしまった。
    そこから良く覚えていないくらい緊張していたが、
    そんな中、精神集中する事が出来て、逆転する事が出来た試合でした。

(質問)全国選抜高校テニス大会、個人戦で勝ち抜くためには
    何が一番必要だと思いますか?
 

(白石)試合数が多く、また団体戦での敗戦の後なので、気持ちをしっかり切り替えて、
    個人戦での試合に集中し、どれだけ無駄なゲームをせず準決勝、決勝までに体力を
    温存できるかが鍵だった。
    また他の誰よりも優勝したいという思いが、強かったからだと思います。


 

☆女子個人戦優勝:四日市商業高等学校 吉岡希紗選手

(質問)まずは、全国選抜高校テニス大会での勝因について伺いたいと思います。
    一番印象に残っている試合は?
 

(吉岡)やはり決勝戦です。
     「緊張しない!」という気持ちではいたのですが、いざコートに立つと
    センターコートで、カメラがたくさんあり、観客もいつもより多く、雰囲気が
    独特だったので、初めの練習では少し緊張してしまいました。

    ですが、試合に入ったら不思議と緊張が全くなく、自分のテニスができました。
    途中、引いてしまった部分があったのですが、最後には強気で攻めることができました。
    決まった瞬間の感覚は忘れられません。

(質問)全国選抜高校テニス大会、個人戦で勝ち抜くためには
    何が一番必要だと思いますか?
 

(吉岡)団体戦で負けてしまった次の日から、すぐに個人戦が始まるので、
    気持ちの切り替えが一番大事でした。
    今回、団体戦で私達は優勝を目標にしていた分、かなり落ち込んだので、
    気持ちの切り替えがとても大変でした。
    自分は負けていなかったので、なんとか気持ちを戻し、個人戦に入る事ができました。

 


白石選手や、吉岡選手のインタビューを通して、共に「第40回全国選抜高校テニス大会」で、
US Open挑戦を目指した選手のみなさんや、今後US Openを目指したいと、日々テニスの練習を
頑張っているみなさんの、今後の試合での勝利の参考になればと願います。

 

全国選抜高校テニス大会 実行委員会は、高校生テニス界を盛り上げ、
「甲子園」や「春の高校バレー」のように、全国の皆様に楽しみに応援して頂ける大会を
目指しています!
その一環として、ただいま今大会の愛称を募集しています。
最優秀作品1点には、今大会スペシャルパートナーのウイルソンから、素敵な賞品も贈られます。
あなたがつけた愛称が、何十年も何百年も全国の皆さんに愛されるかもしれません!
皆様のご応募を、心からお待ちしております。
ご応募は、こちらから↓

http://senbatsutennis.com/main/621.html
 

MENU